BESANCON
ブザンソン
<旅のメモ>

2018.08.31

 ParisからMuseoparc Alseiaで紀元前のローマとガリアの古戦場に立ち寄ってBesanconに到着したのは午後2時頃です。

 Besanconの人口は12万人弱、Franche-Comte(フランシュ・コンテ)の中心都市で、蛇行するLe Doubs(ドゥー川)によって囲まれている場所に中心街あります。古い建物が多い街ですが、端正で清潔な感じで、親切な感じの人達が多いようです。町の見どころは三方を川に囲まれた小高い丘の上にある難攻不落の城塞跡Citadelleです。この辺りではJura地方のワイン、特に白ワインを最低6年以上樽に寝かせたVin Jeuneという黄色いワインが名産。Vin Jeuneで煮た鶏肉をフランシュ・コンテチーズとキノコを載せて焼いた料理が有名です。

 1970年代までは伝統的な時計製造業と繊維産業が占めていましたが、80年代以降、時計産業は高級品に特化することで命脈を保っています。90年代以降は情報産業やバイオテクノロジーを始めとする様々な分野においてフランスでも主導的な地位を確保し、失業率はフランスの平均より良い状況です。

 ガリア戦争中の紀元前58年には、当時ローマのガリア総督であったGaius Iulius Caesar(ジュリアス・シーザー)とガリアのスエビ族出身のゲルマニア人アリオウィストゥスがこの「ウェソンティオ」近郊で戦ったことでも有名です。 その後も地理的な条件とその特有の歴史によって、軍事的、政治的、宗教的に主要な都市でした。

 旧市街のど真ん中にあるホテルにチェックイン。ホテルの玄関は歩行者専用区域(ホテル宿泊客はその区域の入口ゲートでその旨をインターフォンで告げると車で入れる)にありますが、駐車場の入口は歩行者専用区域外のRue de la Republic側にあるので車で乗り付ける場合は非常に便利です。駐車場入口のインターフォンで宿泊客であることを告げるとゲートを開けてくれます。

Hotel de Paris ***
33 rue des Granges, Besancon, 25000
+33 3 81 81 36 56
EUR112.40/night (incl. Tax) BF:13

 100年以上の歴史あるホテルですが、2010年にモダンで落ち着いた内装に変更されています。

 街のメイン通りGrande Rueに出てみます。このあたりは歩行者専用区域なので車がほとんどいなくて静かです。通りも端正で清潔で、どこかドイツっぽい感じがします。通りの途中に猫カフェがありました。

 Grande RueをCitadelle(城砦)方向へ向かうと、古代ローマ時代の劇場跡が残るSquare Castan(スカタン広場)があります。ここで1870年に古代ローマ劇場の遺構が発掘されました。

 そのすぐ近くにPorte Noire(ノワール門)があります。これも紀元175年にローマ皇帝Marcus Aureliasに捧げる貯めに建造された古代ローマ古い凱旋門で、当時の皇帝らの彫刻が見られます。でも石材が柔らかいせいか、他のローマ遺跡と比較して劣化が激しいように思えます。中世になってPorte Noireと呼ばれるようになったそうです。


目抜き通りのGrande Rue

猫カフェ

Square Castanの古代ローマ劇場跡

Square Castanの古代ローマ劇場跡

Square Castanの古代ローマ劇場跡

Porte Noire

Porte Noire

Porte Noire

 Porte Noire(ノワール門)をくぐるとCathedrale Saint-Jean(サン・ジャン大聖堂)があります。この大聖堂は聖ヨハネを祀っている教会で、3世紀頃から築かれ、9世紀や11世紀に大規模な増改築が行われました。そのため、外観は、ロマネスク、ゴシック、バロック様式が融合している大聖堂になっています。


Hotel Boistouset

Cathedrale Saint-Jean

Cathedrale Saint-Jean

Cathedrale Saint-Jean

Cathedrale Saint-Jean

Cathedrale Saint-Jean

 Cathedrale Saint-Jean内の左側の階段を上がると19世紀に3000もの部品を使って作られたL'Horloge Astronomique(天文時計台)がある部屋に行けます。9時50分、10時50分、11時50分、14時50分、15時50分、16時50分、17時50分になると部屋の扉が開けられ、フランス語のガイドより、天文時計台について説明をしてくれます。 


L'Horloge Astronomique

L'Horloge Astronomique

背面は歯車だらけ

 Besanconは、19世紀のロマン主義の作家、スタンダールの長編小説「赤と黒」の舞台になったことでも有名です。主人公ジュリアンは、Besanconで神学校に通ったと書かれています。タイトルの「赤と黒」は、軍人の制服の赤と聖職者の衣の黒を表現していると言われ、フランス・王政復古時代の社会批判が表現されています。

 夕食は若い人たちが頑張っている一皿料理が主体の気楽なお店。

Le Petit Polonais
81 Rue des Granges, 25000 Besancon
03 81 81 23 67


作家Victore Hugoの生家

Torre de Hercules

2018.09.01

 気温は10℃前後とかなり冷え込んでいますが、Citadelle(城塞)まで登るのでちょうど良いですね。丘陵と川に囲まれたBesanconは、かつて軍事的な要地としての役割を担っており、その歴史を物語るのがCitadelleです。城塞設計は1700年ころの天才技師ヴォーヴァン。ルイ14世のもとで多くの城塞を設計しています。ここBesanconの城塞は三方を川に囲まれた丘の上にある難攻不落の城塞。彼の一連の城塞建築は世界文化遺産に指定されています。

 現在、城砦の内側に自然史博物館や動物園、水族館などがあり、Citadelleからは旧市街が望の下です。


築城家Vauban

Vaubanの像

ここにもローマ遺跡が

町が見える

Citadelleの入口

二重構造の城壁

Citadelle内部

Le Daubs(ドゥー川)


動物園

動物園

動物園



 ちょっとだけ市内を散歩。

Eglise Saint-Pierre

Le Daubs(ドゥー川)

Eglise de la madeleine

Le Daubs(ドゥー川)

市電

 Autun経由でClunyへと向かいます。